「腸年齢チェックテスト」で腸年齢を診断しょう!

腸年齢は実年齢よりも老化してる?

若い世代の腸の老化 加齢とともに腸内環境も老化し、善玉菌が減り、悪玉菌が優位になり便秘にもなりやすくなります。
 最近は、高齢の方ではなく若い世代の腸ほど老化が急速に進行していることが危ぶまれています。 腸が健康でなければ、体の健康になれません。
 ただ、年と共に腸内環境も変化し、老化していきます。 実際には善玉菌が減り、悪玉菌が増加する環境になりますので、便秘にもなりやすくなります。

同時に免疫力も30~40代をピークにどんどん衰えていってしまいます。 但し、日頃から腸を大切にしておけば腸の健康を維持できることもまた事実です。

 例えば、食事が大切なことは皆さんご周知のことだと思いますが、痩せるためといって食べないダイエットは腸内環境に良くありません。 若いうちからダイエット食品やダイエットドリンク、ダイエットプロテインなどのような食事をとっても便の元になる食物繊維が全く足りません。
 よって、逆に便秘がちとなり、悪玉菌が増えることで腸の老化も早まる事になります。 腸内環境が悪化すれば、本来もっている基礎代謝も悪くなり余計太りやすくなります。

腸の主役である腸内細菌の主な働きをおさらい

腸内細菌の主な働き


腸年齢チェックテストとは?

腸年齢チェックテスト ご自身の腸の健康具合を調べる指標として「腸年齢チェックテスト」をご存じでしょうか?
 これは、腸内細菌研究の第一人者である理化学研究所の辨野 義己(べんのよしみ)先生が多くの方の腸内細菌の状態や排便の状況などの分析した結果に開発された、ご自分の腸年齢がかなり正確に診断できるテストです。

 このテストは、3つカテゴリーの合計24項目の質問に対して「はい」もしくは「いいえ」でお答え頂くだけで結構です。 その際、「はい」を1点「いいえ」を0点とカウントし、合計0点~24点であなた「腸年齢」を診断します。

それでは、腸年齢チェックテストのスタートです!

▼トイレに関する質問
1.いきまないと出ないことが多い
いいえ
はい

2.排便後も便が残っているような「残便感」がある
いいえ
はい

3.便が硬くて出にくい
いいえ
はい

4.コロコロとした便が出る
いいえ
はい

5.ときどき便がゆるくなる
いいえ
はい

6.便の色が黒っぽい
いいえ
はい

7.便が便器の水に沈むことが多い
いいえ
はい

8.便が臭いと言われる
いいえ
はい

▼生活習慣に関する質問
9.トイレの時間が不規則
いいえ
はい

10.おならが臭いと言われる
いいえ
はい

11.たばこをよく吸う
いいえ
はい

12.顔色が悪く老けて見られる
いいえ
はい

13.肌荒れや吹き出物に悩んでいる
いいえ
はい

14.運動不足が気になる
いいえ
はい

15.寝つきが悪く寝不足気味
いいえ
はい

16.ストレスをいつも感じる
いいえ
はい

▼食事に関する質問
17.朝食は食べないことが多い
いいえ
はい

18.朝食はいつも焦って短時間ですます
いいえ
はい

19.食事の時間は決めていない
いいえ
はい

20.野菜が不足していると感じる
いいえ
はい

21.肉が大好き
いいえ
はい

22.牛乳や乳製品が苦手
いいえ
はい

23.外食が週に4回以上ある
いいえ
はい

24.アルコールをいつも多く飲む
いいえ
はい

 ←全部チェックしたらここをクリック!

合計点数:

あなたの腸年齢の診断結果はいかに?


(A)合計「4点以下」の人

理想的なうんち あなたの腸年齢は、理想的と言えます。
実年齢同等もしくは若いため、これからも今まで通りの生活習慣続けて大丈夫でしょう。
但し、腸内環境はストレス最も影響されやすいことを覚えておいてください。

(B)合計「5~9点」の人

食生活改善 あなたの腸年齢は、実年齢より+10歳老化している可能性があります。
特別心配する必要もない腸年齢ですが、これ以上は老化を加速させないように生活習慣の改善を常に心がけて置いてください。

(C)合計「10~14点」の人

トイレでいきむ あなたの腸年齢は、実年齢より+20歳老化している可能性があります。
このまま腸の老化が進行すると、腸内環境が悪化する場合があります。
食事、ストレス、運動、睡眠、喫煙、飲酒など生活習慣の改善を試みてください。

(D)合計「15点以上」の人

大腸内視鏡 あなたの腸年齢は、実年齢より+30歳老化している可能性があります。
ご自身の年齢に関わらず、腸内環境はとても悪いようです。 このまま放置すれば、がんや生活習慣病などにかかる危険が高まります。
体調に心当たりがあるならば専門の医療機関への相談をお勧め致します。

腸年齢の老化は百害あって一利なし!

善玉菌と悪玉菌の割合 腸内環境内の善玉菌と悪玉菌と日和見菌それぞれのバランスは、加齢、体調、食事、ストレス、運動不足、睡眠不足など様ざまな要因で変化しますが、辨野先生によると若い人ほど腸年齢の老化が急速に進行しているという傾向が見らるとのこと。

 実際、グラフのように加齢とともに腸内細菌も変化しますが、腸年齢が若いと腸内の善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌の数が多く、逆に腸年齢が高い人ほど善玉菌の数が少ないという悪い結果になります。
 もちろん、悪玉菌が優勢になれば腸内環境の腐敗も進行することになります。  このように実年齢に対し腸年齢が、大きく老けるということは健康にとってもエイジングケアにとっても百害あって一利なしです。

 また腸は、身体の中の免疫細胞の約70%が集中しており、栄養の吸収と有害物質の除去の両方を行う行う極めて重要な器官です。
 だから、24時間365日いつも頑張ってくれる腸を大切にするためにも、日頃から腸を老化させない生活習慣を実行することが必要ですよね。

す、すごい!1兆個の乳酸菌力!腸元気で守る力を高める│乳酸菌サプリメント「メガサンA150」